自律神経失調症

皆様の笑顔

皆様の笑顔

つらい症状

自律神経に問題があると、様々な症状が表れます。

不眠、めまい、耳鳴り、聴覚過敏、耳のつまり感、ドライアイ、PMS、生理不順、不妊、更年期のつらさ、まぶしさ、多汗、のぼせ、片頭痛、動悸、下痢、便秘、肩こりなど、ひとつだけ、或いは複数の症状でつらい思いをされている方もいらっしゃいます。そしてこれらのつらい症状を検査しても、画像や数値に表れずに「異常が無い」と言われてしまいます。

自律神経は呼吸、体温、血流、消化、排泄、生殖など、生命維持に不可欠な機能をコントロールしています。

ですからこの機能がうまく働かないために表れる症状は、検査に異常が無くてもご本人にとってはとってもつらいことが多いのです。

 

自律神経は活発に動くための交感神経と、休むための副交感神経とがあり、それぞれが必要な時に優位に働いて身体をコントロールしています。

自律神経とは

自律神経失調症は、この交感神経と副交感神経がそれぞれ働くべき時に働けていない、或いは過剰に働いてしまっている状態で、身体をうまくコントロール出来ていない状態です。

自律神経の問題やうつ・パニック症状を整体で、という発想をされる方はまだ少ないかもしれません。

自律神経・うつ症状はとても辛い症状です。とても辛いのに周りの方からはなかなか理解してもらえず、さらにつらい思いをされている方も多いのです。

様々な外的な要因(ストレス)に対抗し自分(生命)を維持していく為に自律神経が働き、身体には必ず変化が起きます。それは正常な働きなのですが、長い時間ストレスを受けたり、大き過ぎるストレスだった場合、徐々に身体が悲鳴を上げ始めます。それが症状となって表れるのです。

そういった症状の方々の身体に触れてきて言えることは、多くの場合、身体中の筋肉や内臓、一次呼吸()の動きである頭蓋・脊柱・仙骨の硬さなどが感じ取れます。

すでにお薬での治療をされている方もいらっしゃると思いますが、身体を楽にするためには、やはり体へのアプローチは大変重要だと当院では考えています。

一次呼吸とは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時にする呼吸様運動で、まだ空気の呼吸ではありません。出産後に外の空気に触れて肺呼吸が始まります。これが二次呼吸です。肺呼吸後の一次呼吸は、脳脊髄液の循環による中枢神経の代謝に重要な役割を担います。)

  • なかなか眠れず、夜中に何度も起きてしまう
  • 身体が重くて仕事や学校に行けない
  • 手足が冷たいのに身体がほてったり、汗が出てくる
  • めまいがして気持ち悪い
  • 頭痛でしょっちゅう薬を飲む
  • 人混みに入ることが不安、息苦しい
  • こんなにつらいのに異常が無いと言われる
  • 日によって違う場所に痛みが出る

なぜ自律神経が乱れるのか

原因はお一人お一人違いますが、まず大きな原因のひとつはストレスです。ストレスは主に4つに分けられます。

人は年齢に関係なく、何かしらのストレスを受けています。

ストレスは身の危険であり、その危機に対応するため必ず身体に反応が起こります。

  1. 肉体的、構造的なストレス
  2. 精神的なストレス
  3. 環境(気温・気圧など)のストレス
  4. 科学的なストレス

肉体的・構造的ストレス

疲れが抜けず、スマホやパソコンで崩れた姿勢は身体の重心がズレてしまいストレスになります。

また呼吸が浅くなり、交感神経を必要以上に刺激して身体の緊張を強めてしまいます。

精神的ストレス

ストレスと聞いて一番イメージしやすいと思います。

人間関係や仕事、つらいことや悲しい出来事もそうです。

環境のストレス

季節の変わり目になると体調が悪いという方は多いです。

これは気温・気圧・湿度の変動が大きくなり、身体の調節機能が弱くなっている自律神経失調症やうつの方には特にストレスになりやすいです。

科学的ストレス

食べ物に含まれる保存料などの添加物、たばこ、本来飲まなくてもいい薬、スマホや電気機器からの電磁波など、現代の生活では避けることが難しいストレスです。

 

ストレスは外部からの刺激で、脳は「身の危険」と判断します。その危険に対し戦うのか、逃げるのかしなければならず、身体の中では変化が起こります。

その為に交感神経が働き血管を収縮し血圧・心拍が上がります。呼吸は浅くなり身体は緊張します。これが常態化してしまうと、身体を休めることが難しくなってしまいます。

血液、リンパ、脳脊髄液の循環が悪くなって疲労物質は溜まり、痛みや各所に炎症が起きやすくなり聴覚・味覚・視覚、平衡感覚、触覚などに異常が起きて様々な症状となっていくのです。

 

また、女性ホルモンによる体内環境の変化も自律神経と深く関わります。これは自律神経と女性ホルモンを調節しているのが脳内の同じ視床下部だからです。

女性にとって生理周期や更年期で体調が崩れるのはこのためです。

自律神経を整える整体

頭蓋骨や背骨・骨盤・顎関節の歪みを矯正していきます。これらの歪みは身体の正常機能を保つために必要な血液、リンパ、中枢神経の代謝に重要な脳脊髄液などの体液循環を悪くしてしまいます。

こういったことで自律神経がうまく働けなくなり、自律神経にコントロールされている様々な機能が低下して、つらい症状がいろいろと表れてくるのです。

病院で処方されるお薬も大切です。でも構造的なストレスの対処は病院では出来ません。お薬などでなかなか良くならない方は、こういった身体からのアプローチがとても大切なんです。

当院の施術はお薬を使わず、身体から脳と自律神経のバランスを整える整体です。

施術 その1

頭蓋骨

頭蓋骨の歪みを矯正します

脳はとてもエネルギーを消費する場所です。その分老廃物も多く、それを排出しなければなりません。脳や脊髄の周りを、脳脊髄液(CSF)という体液が循環していて、その役目を担います。このCSFの脳内での分泌・静脈への吸収が一定リズムで行われて、頭蓋骨や骨盤の仙骨がそのリズムで動いているのです。

頭蓋骨は1個の骨ではなく、多くの骨がパズルのように組み合わさって出来ています。それらが縫合(ほうごう)という合わせ目からそれぞれの骨ごとの動きを持っています。

自律神経の問題やうつ、パニックの症状がある方は頭蓋の歪みの為この動きが抑えられ、脳に不必要な圧がかかりストレスを与えたり、脳硬膜が歪み静脈洞の流れを悪くしてCSFの循環を妨げたりしていると考えられます。実際に頭蓋骨の動きが小さい方がとても多いです。

頭蓋骨の動きを取り戻して歪みを正し、脳機能を正常化することはとても重要なのです。

施術 その2

背骨と骨盤の歪み

背骨・骨盤から姿勢を矯正します

身体全体の歪みもストレスになります。

骨格の歪みは身体の重心ラインを狂わせ、筋肉や神経のはたらきに悪い影響が出ます。

例えば頭蓋と頸椎1番の位置関係の悪化で、迷走神経は頭蓋出口(頚静脈孔)で影響を受けます。

そして頭蓋骨矯正にもありましたように、頭蓋内から脳脊髄液(CSF)が骨盤の仙骨まで循環します。

骨格が歪み、仙骨の動きが悪くなるとやはりCSFの循環に悪影響が出て、様々なつらい症状に繋がります。

また、悪い姿勢はネガティブな思考になりやすい為、さらにストレスを感じやすくなってしまうのです。

施術 その3

顎関節を矯正します

顎関節は、特に痛みが無くても歪み・不具合がある方は大勢いらっしゃいます。

顎関節は下顎骨(下アゴ)と頭蓋骨の中の側頭骨と関節を形成していて、顎関節の歪みは頭蓋骨の歪みになってしまうのです。

そして物を噛む筋肉(咀嚼筋)は蝶形骨にも付着し、その蝶形骨には脳下垂体という身体を調節するホルモン分泌の重要な器官が入っています。咀嚼筋や顎関節の偏りは蝶形骨の歪みとも関わり、自律神経を整えるにはとても重要なポイントのひとつになってきます。

施術 その4

自律神経と内臓の関係

内臓器を調整します

腹部の内臓器は位置的な可動性と自動運動(臓器自らの動き)、平滑筋の柔軟性を出していきます。

臓器自体が働きやすくなると、支配する迷走神経(副交感神経)が働きやすくなると考えられます。

副交感神経は身体を休め、回復させる神経です。つらい症状がある方はこの副交感神経の働きが落ちています。

さらに姿勢が変わり呼吸が深く出来るようになり、情緒が落ち着きやすくなります。自律神経を整えるうえで、この姿勢と呼吸も非常に重要です

施術 その5

手技でセロトニンを活性化させる、これまでに無い施術法です。

非常にソフトな圧で、心地よく受けて頂けます。

この施術法は第三者機関で検証し、医学誌に論文の登録もされています。

  1. 血液、唾液中のセロトニン濃度の上昇
  2. 血流の改善
  3. 否定的気分の低減と肯定的気分の亢進
  4. そして安全性

唾液中のセロトニン量は、脳内で分泌されているセロトニンとの相関が確認されています。

詳細・論文はこちら

セロトニンは脳内の神経伝達物質のひとつです。ドーパミン、ノルアドレナリンとともに三大神経伝達物質とも呼ばれています。

ドーパミン(意欲、快楽)やノルアドレナリン(恐怖、怒り、不安)などをコントロールする大切な働きがあり、心の平穏、自律神経の調節に深く関わり、感情に大きな影響を与えます。

脳内セロトニンは目で明るさを感知すると作られます。そしてセロトニンは夜になるとメラトニンというホルモンに作り替えられます。

メラトニンは睡眠や概日リズムに関わります。不眠で悩まれている方にもセロトニンは重要なんです

うつ・パニック症状、自律神経症状の方はこのセロトニンが低下している状態なのです。

セロトニンは、様々なストレスパソコンスマホなどの電気機器(電磁波)の使用、不規則な生活などで減少することが分かっています。

セロトニン分布

電話で予約

LINEで予約する

当院が選ばれる4つの理由

その1 バキバキせず、身体に負担の少ない整体

体の負担が少ない整体

当院で行っている施術は、身体に強い力や負担をかけずに、つらい症状の原因となる歪みを解消することができます。

自律神経症状には、内臓器や頭蓋、顎関節や脳波の調整をして神経伝達、脳脊髄液などの体液循環を向上していきます。

椎間板や脊柱管の障害や骨格系の症状には、つらいところだけではなく身体全体で原因を捉えて矯正していきます。

「ここを押すと自律神経に良い」、「つらいところをただ揉みほぐすだけ」という局所的な施術ではないのです。

優しい施術で効果を出せるため、ご高齢の方からお子様まで安心してご来院いただいております。

その2 科学的に検証された手技

セロトニン活性

実は手技の世界では、ひとつひとつの施術に対して効果が客観的に実証されたものは少ないです。

歪みがこう変わったとか、痛みが取れたとかはほとんどの場合、術者や患者様の主観になります。

当院の整体法のひとつ、セロトニン活性療法は第三者機関による試験で安全性・セロトニン量の変化・気分尺度の変化が認められています。

 

その3 心へのアプローチ

カウンセリング

当院は身体とこころの専門院です。

特にうつ症状の方は大きなストレスを抱えていらっしゃると思います。

身体からのアプローチだけではなく、カウンセリングまで行う整体院は少ないです。

身体とこころを整えて元気を取り戻しましょう!

 

 

その4 日常生活のアドバイス

ストレッチ

現在の体調は、様々な原因があるにせよ日々の生活の積み重ねの結果です。

自律神経の問題であれ、腰痛や肩こりやシビレなど骨格の問題であれ、習慣に取り入れるべき事や改めなければならない事が必ずあります。

呼吸法や姿勢、食事、ストレッチやエクササイズをお一人お一人の身体に合わせたご提案をさせて頂いております。

新型コロナウィルス感染拡大防止について

院内の管理や自身の体調管理に細心の注意を払い、安心してご来院頂けるよう努めております。

また、ご来院頂く皆様にもご協力をお願いしております。

 当院における対策
1. 施術者の毎日の検温
2. マスクは常時着用
3. お一人様ごとの院内換気・施術台の消毒
4. 時間枠を長くお取りし、お客様同士の接触を回避
5. お客様用消毒剤をご用意

 【お客様にお願い
1. ご来院・お帰り時の手指消毒
2. マスクの着用
3. 37度以上のお熱がある方はご遠慮頂いております

状況によってはこちらからご予約をキャンセルさせて頂かなければならない場合がございます。

予めご了承ください。