産後うつ

つらいうつ症状に身体からの新しいアプローチ

つらいうつ症状に身体からの新しいアプローチ

とてもつらい症状でお困りかと思います。

  • 突然とても悲しくなり、泣きたくなる
  • 眠れずにいつもだるい
  • 食欲がない、或いは食べたくて仕方ない
  • 身体のいろいろなところが痛くなる
  • 不安でいっぱいになる
  • 育児・家事がおっくうで意欲がない
  • 赤ちゃんがかわいいと思えない…
産後うつ 育児うつ

新しいご家族の誕生は大きな喜びだと思います。

でも、お母さんはとても大変。

妊娠、出産という身体の中の大きな変化・負担があり、さらに育児が始まり生活習慣が一変します。

体調が悪くなってもおかしくない状況なんです。

ご自身を責めてしまうお母さんもいらっしゃいますが、断じて違います!

こころの問題ではなく、身体の問題なんです。

産後うつの原因

女性ホルモン

大きな原因のひとつに、まずは女性ホルモンです。

出産後は女性ホルモンが不安定な状況が続き、また授乳中も同様です。女性ホルモンが安定しないと自律神経も安定せず、うつ症状に限らず様々なつらい症状に繋がります。

この不安定な状態は産後や授乳後だいたい3か月で落ち着くといわれていますが、元々体調が悪かった方は長引く可能性があります。

ストレス

赤ちゃんが生まれたことで、生活習慣・環境が劇的に変わります。

それまでもやらなければならなかったお仕事や家事に加え、いつも赤ちゃんの心配をしながら育児をしなければなりません。夜中に起こされることが多いと睡眠もままならなくなります。ご自身のことがどんどん後回しになり、自分の時間が無くなり体調は悪化しやすくなります。特に初めてのお子さんの場合、お母さんの身体には大きな負担(ストレス)となってしまいます。

決して赤ちゃんの存在が悪い訳ではありません。頑張っているお母さんだからこその今の不調なんです。

栄養不足

妊娠中はお母さんの身体からお腹の中の赤ちゃんにたくさんの栄養を供給しています。産前・産後ともにバランスの良い食事が出来ていないと、栄養不足になってしまいます。

それにより、体内で女性ホルモンや神経伝達物質(セロトニン・ドーパミンなど)の生成がうまくいかず、自律神経の正常な機能や精神的な安定が損なわれてしまいます

女性ホルモンには脂質、特に不足しがちなオメガ3といわれる多価不飽和脂肪酸(青い魚の脂などに多く含まれる)、神経伝達物質にはタンパク質などが必要です。

産前産後の女性に限りませんが、忙しさや体調の悪さを理由にお菓子甘い物ばかり食べていたり、お酒コーヒーをたくさん飲んでいたりすると、カリウムやマグネシウムの不足で交感神経の過剰緊張を招き、イライラや不眠の原因になります。また、低血糖やインスリン抵抗性など糖代謝異常にもつながり、やはりつらい症状を招いてしまいます。

ストレスで身体の機能が落ちていると栄養の消化吸収がうまくいかず、ちゃんと食事を摂っているつもりでも栄養不足になってしまう事があるので注意が必要です。

既往症の悪化

出産や育児はとても大きな負担になる事は他の原因のところでも書きました。

その負担が、妊娠中やそれ以前から体調が悪かった方の症状のぶり返しやさらなる悪化の原因になってしまいます。

妊娠前からの不定愁訴や、うつ病の診断や治療を経験された方にとって、出産・育児は大きな幸せである一方、大きな負担でもあるのです。

なぜ当院の施術で楽になるのか

当院は館山で開業し19年目になる、実績と経験を積み重ねた安心の自律神経専門の整体施術です。

産後うつや産後の不調は、身体の問題です。

身体の構造、栄養、ホルモン、ストレスなど様々な原因への視点が必要なんです。

産後の骨盤矯正も同時に行います。

産後うつの施術

施術例 その1

頭蓋骨

頭蓋骨の歪みを矯正します

脳はとてもエネルギーを消費する場所です。その分老廃物も多く、それを排出しなければなりません。脳や脊髄の周りを、脳脊髄液(CSF)という体液が循環していて、その役目を担います。このCSFの脳内での分泌・静脈への吸収が一定リズムで行われて、頭蓋骨や骨盤の仙骨がそのリズムで動いているのです。

頭蓋骨は1個の骨ではなく、多くの骨がパズルのように組み合わさって出来ています。それらが縫合(ほうごう)という合わせ目からそれぞれの骨ごとの動きを持っています。

自律神経の問題やうつ、パニックの症状がある方は頭蓋の歪みの為この動きが抑えられ、脳に不必要な圧がかかりストレスを与えたり、脳硬膜が歪み静脈洞の流れを悪くしてCSFの循環を妨げたりしていると考えられます。実際に頭蓋骨の動きが小さい方がとても多いです。

頭蓋骨の動きを取り戻して歪みを正し、脳機能を正常化することはとても重要なのです。

施術例 その2

医学誌

手技でセロトニンを活性化させる、これまでに無い施術法です。

非常にソフトな圧で、心地よく受けて頂けます。

この施術法は第三者機関で検証し、医学誌に論文の登録もされています。

  1. 血液、唾液中のセロトニン濃度の上昇
  2. 血流の改善
  3. 否定的気分の低減と肯定的気分の亢進
  4. そして安全性

唾液中のセロトニン量は、脳内で分泌されているセロトニンとの相関が確認されています。

詳細・論文はこちら

セロトニンは脳内の神経伝達物質のひとつです。ドーパミン、ノルアドレナリンとともに三大神経伝達物質とも呼ばれています。

ドーパミン(意欲、快楽)やノルアドレナリン(恐怖、怒り、不安)などをコントロールする大切な働きがあり、心の平穏、自律神経の調節に深く関わり、感情に大きな影響を与えます。

脳内セロトニンは目で明るさを感知すると作られます。そしてセロトニンは夜になるとメラトニンというホルモンに作り替えられます。

メラトニンは睡眠や概日リズムに関わります。不眠で悩まれている方にもセロトニンは重要なんです

うつ・パニック症状、自律神経症状の方はこのセロトニンが低下している状態なのです。

セロトニンは、様々なストレスパソコンスマホなどの電気機器(電磁波)の使用、不規則な生活などで減少することが分かっています。

セロトニン分布

施術例 その3

顎関節を矯正します

顎関節は、特に痛みが無くても歪み・不具合がある方は大勢いらっしゃいます。

顎関節は下顎骨(下アゴ)と頭蓋骨の中の側頭骨と関節を形成していて、顎関節の歪みは頭蓋骨の歪みになってしまうのです。

そして物を噛む筋肉(咀嚼筋)は蝶形骨にも付着し、その蝶形骨には脳下垂体という身体を調節するホルモン分泌の重要な器官が入っています。咀嚼筋や顎関節の偏りは蝶形骨の歪みとも関わり、自律神経を整えるにはとても重要なポイントのひとつになってきます。

施術例 その4

自律神経の図

内臓器を調整します

腹部の内臓器は位置的な可動性と自動運動(臓器自らの動き)、平滑筋の柔軟性を出していきます。

臓器自体が働きやすくなると、支配する迷走神経(副交感神経)が働きやすくなると考えられます。

副交感神経は身体を休め、回復させる神経です。つらい症状がある方はこの副交感神経の働きが落ちています。

さらに姿勢が変わり呼吸が深く出来るようになり、情緒が落ち着きやすくなります。自律神経を整えるうえで、この姿勢と呼吸も非常に重要です

施術例 その5

身体の歪み

背骨・骨盤から姿勢を矯正します

身体全体の歪みもストレスになります。

骨格の歪みは身体の重心ラインを狂わせ、筋肉や神経のはたらきに悪い影響が出ます。

例えば頭蓋と頸椎1番の位置関係の悪化で、迷走神経は頭蓋出口(頚静脈孔)で影響を受けます。

そして頭蓋骨矯正にもありましたように、頭蓋内から脳脊髄液(CSF)が骨盤の仙骨まで循環します。

骨格が歪み、仙骨の動きが悪くなるとやはりCSFの循環に悪影響が出て、様々なつらい症状に繋がります。

また、悪い姿勢はネガティブな思考になりやすい為、さらにストレスを感じやすくなってしまうのです

電話で予約

LINEで予約する

当院が選ばれる4つの理由

その1 バキバキせず、身体に負担の少ない整体

体の負担が少ない整体

当院で行っている施術は、身体に強い力や負担をかけずに、つらい症状の原因となる歪みを解消することができます。

自律神経症状には、内臓器や頭蓋、顎関節や脳波の調整をして神経伝達、脳脊髄液などの体液循環を向上していきます。

椎間板や脊柱管の障害や骨格系の症状には、つらいところだけではなく身体全体で原因を捉えて矯正していきます。

「ここを押すと自律神経に良い」、「つらいところをただ揉みほぐすだけ」という局所的な施術ではないのです。

優しい施術で効果を出せるため、ご高齢の方からお子様まで安心してご来院いただいております。

その2 科学的に検証された手技

セロトニン活性

実は手技の世界では、ひとつひとつの施術に対して効果が客観的に実証されたものは少ないです。

歪みがこう変わったとか、痛みが取れたとかはほとんどの場合、術者や患者様の主観になります。

当院の整体法のひとつ、セロトニン活性療法は第三者機関による試験で安全性・セロトニン量の変化・気分尺度の変化が認められています。

 

その3 心へのアプローチ

カウンセリング

当院は身体とこころの専門院です。

特にうつ症状の方は大きなストレスを抱えていらっしゃると思います。

身体からのアプローチだけではなく、カウンセリングまで行う整体院は少ないです。

身体とこころを整えて元気を取り戻しましょう!

 

 

その4 日常生活のアドバイス

ストレッチ

現在の体調は、様々な原因があるにせよ日々の生活の積み重ねの結果です。

自律神経の問題であれ、腰痛や肩こりやシビレなど骨格の問題であれ、習慣に取り入れるべき事や改めなければならない事が必ずあります。

呼吸法や姿勢、食事、ストレッチやエクササイズをお一人お一人の身体に合わせたご提案をさせて頂いております。

新型コロナウィルス感染拡大防止について

院内の管理や自身の体調管理に細心の注意を払い、安心してご来院頂けるよう努めております。

また、ご来院頂く皆様にもご協力をお願いしております。

 当院における対策
1. 施術者の毎日の検温
2. マスクは常時着用
3. お一人様ごとの院内換気・施術台の消毒
4. 時間枠を長くお取りし、お客様同士の接触を回避
5. お客様用消毒剤をご用意

 【お客様にお願い
1. ご来院・お帰り時の手指消毒
2. マスクの着用
3. 37度以上のお熱がある方はご遠慮頂いております

状況によってはこちらからご予約をキャンセルさせて頂かなければならない場合がございます。

予めご了承ください。